2017年6月14日水曜日

ナウンタウン学校女子寮支援報告

ナウンタウン学校女子寮支援報告
4月10日に全焼したナウンタウン学校女子寮へのご支援をありがとうございました。
みなさまの協力を得て日本ビルマ救援センター(BRCJ)から送金しました支援金も含め、
海外からの他団体からの支援金も得て、現在は仮の女子寮家屋が建設されています。

今後はより頑強な建物が建設されるように、計画を立てているところです。
BRCJでは8月に現地訪問を予定しています。
改めてみなさまにはご報告させていただきます。

建設中の仮女子寮の写真です。

ありがとうございました。

2017年6月13日火曜日

「世界難民の日関西集会2017」のご案内

「日本で何ができる?世界が揺れる難民問題」「Refugees Welcome」
URL http://rafiq.jp/wrd/index.html

6月20日は国連の総会で決定した「世界難民の日」です。
関西でも集会を行います。是非、ご参加・ご協力をお願いいたします。

昨年(2016年)日本への難民申請者は10901人になり1万人を超えました。
認定されたのは、わずか28人です。
もしあなたのそばに、紛争や迫害から逃れてきた難民がいるとしたら…。
あなたはどうしますか?
同じ時代、同じ地球に生きている者として、難民を排除するのではなく、
「RefugeesWelcome」(ようこそ なんみん)と言えるように、
この日本であなたができることを、一緒に考えましょう。

日 時:2017年7月2日(日)11:00~16:30
場 所:大阪市住まい情報センター 3Fホール
アクセス:http://www.sumai.city.osaka.jp/contents.php?id=19
資料代:一般 1000円 / 学生 500円

★参加事前申し込み受付中! 申込みはこちら
http://www.kokuchpro.com/event/29ea97d2af8af997bf624e5d772b14be/

【集会内容】
第1部 「日本で何ができる?世界が揺れる難民問題」 11:00~13:00
* 集会趣旨説明
* 安藤由香里氏(大阪大学特任講師)「同じ地球・同じ時代に生まれたんだから」
* 亀谷優子氏 540万人の国の難民受け入れ(フィンランド)」
* 質疑応答

休憩

第2部 「Refugees Welcome」 14:00~16:30
* 難民からの声 アフガニスタン難民など
* 折居徳正氏(難民支援協会(JAR))「日本でのシリア難民の民間受け入れ」
* 田中恵子氏(RAFIQ)「OSAKAなんみんハウスでの難民支援」
* 渡部清花氏(WELgee)「関東での難民ホームステイの取り組み」
* 各団体の取り組みなど

※写真などの展示 アフガニスタン、シリア、軍政下のビルマの絵画など
※関西の難民関係のNGO紹介ブースなど

*賛同のお願い
この集会は賛同金と資料代で運営されます。ぜひ賛同金のご協力をお願いいたします。
賛同用紙、振込口座の案内はこちら
http://rafiq.jp/wrd/sandou_onegai.html

2017年5月9日火曜日

宇田有三さん現地訪問報告会 ―2016年12月 と 2017年1月の現地訪問からの報告―

宇田有三さん現地訪問報告会
―2016年12月と2017年1月の現地訪問からの報告―
5月27日(土)午後6時半より宇田有三さんをお迎えし、ビルマ現地訪問のお話していただく会を行います。 皆さまのご参加をお待ちしています。

【日時】2017年5​月​27日(​土​)18:15~20:30(開場18:05)
【会場】クレオ大阪西会議室​(2階)
http://www.creo-osaka.or.jp/west/index.html
大阪市此花(このはな)区西九条6-1-20 TEL 06-6460-7800
最寄駅:西九条駅(JR 環状線・阪神なんば線)徒歩約3分

【内容】
◆ビルマ(ミャンマー)と日本の戦後を考える。
 アジア太平洋戦争当時、ビルマ(ミャンマー)に侵攻した旧日本軍が
 約600人の村人を虐殺した「カラゴン村事件」。
 そのカラゴン村に現在、当時の生存者は残っていない。
 その村は今、どうなっているのか。
 「泰緬鉄道」「インパール作戦」でもない日本とビルマ(ミャンマー)の関係を再考する。

◆誤解の多い「ロヒンギャ問題」をどのように捉えればいいのか。
 そのヒントを探る

◆アウンサンスーチー氏が主導する少数派民族との停戦和平交渉で、
 カレン民族同盟(KNU)は今後、どのように動くのか。

【講師プロフィール:宇田有三(うだ・ゆうぞう)】
1963年神戸市生まれ。1992年中米の紛争地エルサルバドルで取材活動を開始。
1995年神戸大学大学院国際協力研究科修了(法学修士)。
現在、東南アジアや中米で、軍事政権下の人びとの暮らし・先住民族・貧困などの取材を続ける。
ビルマ(ミャンマー)へは1993年から37回の継続取材を行う。

2017年4月14日金曜日

緊急支援のお願い

2017年4月10日、南シャン州タウンジー、ホッポー村北部にある、2004年に設立されたナウンタウン学校の女子寮5棟が漏電による出火で全焼しました。
この女子寮は、地元の村に学校施設がない女子学生150名のために、親元を離れ、寄宿生活をしながら教育が受けられるようにと村人が建てた寮でした。

現在150名の女子生徒がすべてを失い、困窮した状態にあります。

出火前(日本ビルマ救援センターが2016年8月に現地を訪れた際に撮影)の様子はこちら

日本ビルマ救援センターは昨年8月に現地を訪れ、ソーラーランタンや文房具を提供してきました。
現地の自助組織、パオ国民民主組織より女子寮再建の緊急支援依頼が届きました。
皆さまに広くご理解とご協力をお願いいたします。

次のいずれかの方法でご寄付をお願いいたします。

1.郵便振替口座 00930-0-146926 口座名 BRC-J
通信欄に「女子寮建設支援」とお書き添えください。

2.りそな銀行 金剛支店 (普通)6553928
口座名 日本ビルマ救援センター

銀行振り込みの場合は、下記Email宛にお名前とご住所をお知らせください。
brcj@syd.odn.ne.jp
領収書をお送りいたします。





出火前(日本ビルマ救援センターが2016年8月に現地を訪れた際に撮影)の様子
南シャン州タウンジー、ホッポー村北部にある、2004年に設立されたナウンタウン学校の女子寮
地元の村に学校施設がない女子学生150名のために、親元を離れ、寄宿生活をしながら教育が受けられるようにと村人が建てた寮でした。
皆さまに広くご理解とご協力をお願いいたします。


お問合せ 日本ビルマ救援センター
brcj@syd.odn.ne.jp

2017年2月6日月曜日

リバティ大阪企画展:世界と『日本の難民について考えよう』

リバティ大阪企画展:世界と『日本の難民について考えよう』
RAFIQからのお知らせ
もっと知ろう! もっと考えよう!
―同じ時代 同じ時代に生まれたんだから―

■講演会「今日の難民問題、日本ができること」
 講 師:小尾尚子さん(UNHCR駐日事務所副代表・法務担当)
【日 時】2017年3月11日(土)14:00~16:30
【会 場】大阪人権博物館(リバティ大阪)リバティホール


大阪人権博物館(リバティ大阪)ギャラリーなどを会場に、RAFIQ主体でリバティ大阪の企画展を行っています。
【展示構成】  1.難民とは
 2.世界の難民の状況
 3.日本の難民問題
 4.広がる難民支援の輪
 11月30日(水)よリUNHCRのテントと1日分の食料を特別展示室で展示します。
 1月11日よりアフガニスタン関連の団体により展示が追加されます。
 1月18日よりアムネスティからシリアの3Dトリックアート展示が追加されます。

【期 間】2016年11月19日(土)~2017年3月18日(土)
【会 場】大阪人権博物館(リバティ大阪)ギャラリー
【開館時間】水~金曜日 10:00~16:00(入館は15:30まで)
      土曜日 13:00~17:00(入館は16:30まで)
      日・祝、月曜、火曜、第4金曜日は休館日です。
【入館料】大人500円(400円) 大・高生300円(200円)
     小・中学生200円(100円) 65歳以上300円(200円)
     障害者(介助者を含む)は無料
     ※( )内は、有料入館者が20名以上の団体料金

詳しくはこちら
http://rafiq.jp/date/2016/16nanminten.html#kanren

特別展示室では「難民出身国を知ってみよう!」開催中
ビルマの絵画 マウン マウン ティンの作品も多数ご覧頂けます。(日本ビルマ救援センター提供)

【主催】RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)/大阪人権博物館
【後援】部落解放大阪府民共闘会議/ヒューマンライツ大阪/UNHCR/
    認定NPO法人難民支援協会/公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本/
    アフガン孤児支援ラーラ会/RAWAと連帯する会/
    公益財団法人アジア福祉教育財団 難民事業本部/日本ビルマ救援センター/サダーカ

2017年1月10日火曜日

201​7ワン・ワールド・フェスティバルに出展します!

◆201​7ワン・ワールド・フェスティバルに出展します!◆
ワン・ワールド・フェスティバルは、1993 年から毎年開催している西日本最大の国際協力・交流のお祭りです。

【日時】201​7年2月​4日(土)~​5日(日)​10:00~17:00
【会場】
カンテレ扇町スクエア(1階アトリウム 3階メビック扇町)(大阪市北区扇町2-1-7)
​北区民センター(大阪市北区扇町2-1-27)
扇町公園(大阪市北区扇町1-1)

​BRCJは北区民センター2階会場NGO/NPOブースで出展いたします。

皆さまのご来場をお待ちしております。

詳細はこちらから​ご覧ください​
http://www.interpeople.or.jp/owf/

2016年9月2日金曜日

2016年夏 BRCJ報告会のご案内

2016年夏 BRCJ報告会のご案内
今年はビルマ国内のピー県とシャン州のパオ民族の村、
タイ国内のチェンマイとメーサリアン国境の難民キャンプ訪問を実施しました。

参加者の訪問とBRCJの支援の報告会を下記の日時で行います。
今からご予定に加えていただければ幸いです。
みなさまのご来場をお待ち申し上げます。

【日時】 2016年9月24日(土)18:15~20:30(開場18:05)
【会場】 クレオ大阪西 研修室(2階)
http://www.creo-osaka.or.jp/west/index.html
大阪市此花(このはな)区西九条6-1-20 TEL 06-6460-7800
最寄駅:西九条駅(JR 環状線・阪神なんば線)徒歩約3分