2017年4月14日金曜日

緊急支援のお願い

2017年4月10日、南シャン州タウンジー、ホッポー村北部にある、2004年に設立されたナウンタウン学校の女子寮5棟が漏電による出火で全焼しました。
この女子寮は、地元の村に学校施設がない女子学生150名のために、親元を離れ、寄宿生活をしながら教育が受けられるようにと村人が建てた寮でした。

現在150名の女子生徒がすべてを失い、困窮した状態にあります。

出火前(日本ビルマ救援センターが2016年8月に現地を訪れた際に撮影)の様子はこちら

日本ビルマ救援センターは昨年8月に現地を訪れ、ソーラーランタンや文房具を提供してきました。
現地の自助組織、パオ国民民主組織より女子寮再建の緊急支援依頼が届きました。
皆さまに広くご理解とご協力をお願いいたします。

次のいずれかの方法でご寄付をお願いいたします。

1.郵便振替口座 00930-0-146926 口座名 BRC-J
通信欄に「女子寮建設支援」とお書き添えください。

2.りそな銀行 金剛支店 (普通)6553928
口座名 日本ビルマ救援センター

銀行振り込みの場合は、下記Email宛にお名前とご住所をお知らせください。
brcj@syd.odn.ne.jp
領収書をお送りいたします。





出火前(日本ビルマ救援センターが2016年8月に現地を訪れた際に撮影)の様子
南シャン州タウンジー、ホッポー村北部にある、2004年に設立されたナウンタウン学校の女子寮
地元の村に学校施設がない女子学生150名のために、親元を離れ、寄宿生活をしながら教育が受けられるようにと村人が建てた寮でした。
皆さまに広くご理解とご協力をお願いいたします。


お問合せ 日本ビルマ救援センター
brcj@syd.odn.ne.jp

2017年2月6日月曜日

リバティ大阪企画展:世界と『日本の難民について考えよう』

リバティ大阪企画展:世界と『日本の難民について考えよう』
RAFIQからのお知らせ
もっと知ろう! もっと考えよう!
―同じ時代 同じ時代に生まれたんだから―

■講演会「今日の難民問題、日本ができること」
 講 師:小尾尚子さん(UNHCR駐日事務所副代表・法務担当)
【日 時】2017年3月11日(土)14:00~16:30
【会 場】大阪人権博物館(リバティ大阪)リバティホール


大阪人権博物館(リバティ大阪)ギャラリーなどを会場に、RAFIQ主体でリバティ大阪の企画展を行っています。
【展示構成】  1.難民とは
 2.世界の難民の状況
 3.日本の難民問題
 4.広がる難民支援の輪
 11月30日(水)よリUNHCRのテントと1日分の食料を特別展示室で展示します。
 1月11日よりアフガニスタン関連の団体により展示が追加されます。
 1月18日よりアムネスティからシリアの3Dトリックアート展示が追加されます。

【期 間】2016年11月19日(土)~2017年3月18日(土)
【会 場】大阪人権博物館(リバティ大阪)ギャラリー
【開館時間】水~金曜日 10:00~16:00(入館は15:30まで)
      土曜日 13:00~17:00(入館は16:30まで)
      日・祝、月曜、火曜、第4金曜日は休館日です。
【入館料】大人500円(400円) 大・高生300円(200円)
     小・中学生200円(100円) 65歳以上300円(200円)
     障害者(介助者を含む)は無料
     ※( )内は、有料入館者が20名以上の団体料金

詳しくはこちら
http://rafiq.jp/date/2016/16nanminten.html#kanren

特別展示室では「難民出身国を知ってみよう!」開催中
ビルマの絵画 マウン マウン ティンの作品も多数ご覧頂けます。(日本ビルマ救援センター提供)

【主催】RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)/大阪人権博物館
【後援】部落解放大阪府民共闘会議/ヒューマンライツ大阪/UNHCR/
    認定NPO法人難民支援協会/公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本/
    アフガン孤児支援ラーラ会/RAWAと連帯する会/
    公益財団法人アジア福祉教育財団 難民事業本部/日本ビルマ救援センター/サダーカ

2017年1月10日火曜日

201​7ワン・ワールド・フェスティバルに出展します!

◆201​7ワン・ワールド・フェスティバルに出展します!◆
ワン・ワールド・フェスティバルは、1993 年から毎年開催している西日本最大の国際協力・交流のお祭りです。

【日時】201​7年2月​4日(土)~​5日(日)​10:00~17:00
【会場】
カンテレ扇町スクエア(1階アトリウム 3階メビック扇町)(大阪市北区扇町2-1-7)
​北区民センター(大阪市北区扇町2-1-27)
扇町公園(大阪市北区扇町1-1)

​BRCJは北区民センター2階会場NGO/NPOブースで出展いたします。

皆さまのご来場をお待ちしております。

詳細はこちらから​ご覧ください​
http://www.interpeople.or.jp/owf/

2016年9月2日金曜日

2016年夏 BRCJ報告会のご案内

2016年夏 BRCJ報告会のご案内
今年はビルマ国内のピー県とシャン州のパオ民族の村、
タイ国内のチェンマイとメーサリアン国境の難民キャンプ訪問を実施しました。

参加者の訪問とBRCJの支援の報告会を下記の日時で行います。
今からご予定に加えていただければ幸いです。
みなさまのご来場をお待ち申し上げます。

【日時】 2016年9月24日(土)18:15~20:30(開場18:05)
【会場】 クレオ大阪西 研修室(2階)
http://www.creo-osaka.or.jp/west/index.html
大阪市此花(このはな)区西九条6-1-20 TEL 06-6460-7800
最寄駅:西九条駅(JR 環状線・阪神なんば線)徒歩約3分

2016年夏 BRCJ報告会のご案内

2016年夏 BRCJ報告会のご案内
今年はビルマ国内のピー県とシャン州のパオ民族の村、
タイ国内のチェンマイとメーサリアン国境の難民キャンプ訪問を実施しました。

参加者の訪問とBRCJの支援の報告会を下記の日時で行います。
今からご予定に加えていただければ幸いです。
みなさまのご来場をお待ち申し上げます。

【日時】 2016年9月24日(土)18:15~20:30(開場18:05)
【会場】 クレオ大阪西 研修室(2階)
http://www.creo-osaka.or.jp/west/index.html
大阪市此花(このはな)区西九条6-1-20 TEL 06-6460-7800
最寄駅:西九条駅(JR 環状線・阪神なんば線)徒歩約3分

2016年1月27日水曜日

宇田有三さん講演会 <ビルマ(ミャンマー)の総選挙を取材して>

宇田有三さんをお迎えし、講演会を行います。みなさまのご来場をお待ちしております。
<ビルマ(ミャンマー)の総選挙を取材して>
─アウンサンスーチー氏率いる国民民主連盟(NLD)は2015年11月、25年ぶりの本格的な総選挙を勝利で終えました。
軍政下で最後の総選挙(2010年)、民政移管後初の補欠選挙(2012年)など、ビルマ(ミ ャンマー)取材を20年以上続ける宇田さんに、取材現場の様子を語っていただきます。

【日時】2016年2月13日(土)18:30~20:30(開場18:15)
【会場】クレオ大阪西 研修室
    http://www.creo-osaka.or.jp/west/index.html
    大阪市此花(このはな)区西九条6-1-20 TEL 06-6460-7800
    最寄駅:西九条駅(JR 環状線・阪神なんば線)徒歩約3分
【参加費】無料
【事前申し込み】不要
【主催・お問い合わせ】日本ビルマ救援センター事務局 brcj@syd.odn.ne.jp
--------------------------------------------------
【プロフィール】
■宇田有三(うだ・ゆうぞう)http://www.uzo.net
1963年神戸市生まれ。教員を経て1990年に渡米。
1992年 中米の紛争地エルサルバドルの取材を皮切りに取材活動を開始。
1995年 神戸大学大学院国際協力研究科修了(法学修 士)。
現在、東南アジアや中米諸国を中心に、軍事政権下の人びとの暮らし・先住民族・世界の貧困などの取材を続ける。ビルマ(ミャンマー)へは1993年から36回の継続取材を行う。

【主要著書】
『観光コースでないミャンマー(ビルマ)』(高文研、2015 年)
『Peoples in the Winds of Change ビルマ 変化に生きる人びと』(高文研、2013 年)
『閉ざされた国 ビルマ』(高文研、2010 年)
その他の著書は宇田さんのHPからご覧いただけます。http://www.uzo.net/books/index.html

2015年9月28日月曜日

2015年夏 国境訪問の報告会資料を公開します。

2015年夏 国境訪問の報告会資料を公開します。

2015年9月20日にクレオ大阪西 研修室で開催いたしました「2015年夏 メソット、メーサリアン国境訪問の報告会資料を公開します。

2015年 BRCJ チェンマイ・メーソット・メーサリアン訪問 こちらからご覧いただけます。
2015年夏 タイ・ビルマ国境訪問(報告者 雛谷) こちらからご覧いただけます。