2017年11月16日木曜日

フォトジャーナリスト・宇田有三さんの講演会のお知らせ(2017年12月24日(日))

フォトジャーナリスト・宇田有三講演会
「ロヒンギャ問題」の問題化― 今年8月以降の状況から見えてくるもの
アムネスティ・インターナショナル日本 大阪事務所 関西連絡会よりご案内を頂きました。

フォトジャーナリスト・宇田有三講演会
「ロヒンギャ問題」の問題化― 今年8月以降の状況から見えてくるもの

日 時:2017年12月24日(日)13:30~16:00
場 所:大阪市立男女共同参画センター クレオ大阪中央
    大阪市天王寺区上汐5-6-25
    地下鉄谷町線四天王寺前夕陽ヶ丘駅から徒歩約3分
参加費:一般1000円 学生無料
定 員:50名(先着順、申し込み不要)

今年8月、ビルマ(ミャンマー)西部ラカイン州では、武装組織による襲撃事件をきっかけに「ロヒンギャ問題」が一段と深刻化し、メディアでも大きくクローズアップされました。
2015年にはアウンサンスーチー氏の「国民民主連盟(NLD)」が総選挙で大勝し、ビルマ(ミャンマー)は本格的な民主体制へ動き始めました。しかし、半世紀続いた軍政下の矛盾が容易に解決するわけではありません。

矛盾の一つに、バングラデシュ国境に位置するラカイン州で続く「ロヒンギャ問題」があります。この「ロヒンギャ問題」を理解するためには、最低限ビルマ(ミャンマー)の歴史や文化、社会構造を考える必要があります(先のアジア・太平洋戦争時の日本とロヒンギャも深い関係がある)。 しかし、最近の日本での報道を見ると、この「ロヒンギャ問題」のニュースは、その最低限を踏まえた内容であるとは言い難いものです。
今回の講演会では、ビルマ(ミャンマー)を長年取材してきたフォトジャーナリスト、宇田有三さんが、メディアの報道ではわかりにくい、この『「ロヒンギャ問題」の問題化』を解説します。

【講演者:宇田有三(うだ・ゆうぞう)さんのプロフィール】
1963年神戸市生まれ。1995年 神戸大学大学院国際協力研究科修了。 東南アジアや中米諸国を中心に、軍事政権下の人びとの暮らし・先住民族・ 貧困などの取材を続ける。 ビルマ(ミャンマー)へは1993年から36回の継続取材を行う。 http://uzo.net/
【著書・写真集】
『観光コースでないミャンマー(ビルマ)』(高文研、2015年) 『Peoples in the Winds of Change ビルマ 変化に生きる人びと』(MCM) 『閉ざされた国 ビルマ』(高文研、2010年)。

【主催・お問い合わせ】
アムネスティ・インターナショナル日本 大阪事務所 関西連絡会
(平日13:00~18:00、土・日・祝日休み)
TEL:06-6227-8991 FAX:06-6227-8992
E-mail:osaka@amnesty.or.jp

2017年9月28日木曜日

10月15日(日)International Day 「国際協力の日」 BRCJはビルマ難民支援バザーを行います。

10/15(日)International Day 「国際協力の日」 BRCJはビルマ難民支援バザーを行います。
International Day 「国際協力の日」
~外国人が暮らしやすい社会は日本人にも暮らしやすい~

■日時:10月15日(日)12:30~16:30
■場所:大阪カテドラル聖マリア大聖堂
大阪市中央区玉造2-24-22
http://www.osaka.catholic.jp/a_map.html

JR「玉造」、「森ノ宮」両駅より約10分、地下鉄「森ノ宮」駅より5分

※ダンスあり、生演奏あり、民族料理ありの楽しいお祭りです。
※BRCJはビルマ難民支援バザーを行います。

2017年8月31日木曜日

2017年夏の国境訪問報告会 開催のお知らせ

2017年夏の国境訪問報告会開催のお知らせ
2017年夏の国境訪問報告会を下記の日程で開催いたします。
また、後半は宇田有三さんをお迎えし、
《今、また「ロヒンギャ問題」を考える》と題してご講演いただきます。
皆さまのご参加をお待ちしています。

【日時】2017年9月23日(土)18:10~20:00(開場18:05)
【会場】クレオ大阪西会議室​(2階)
    http://www.creo-osaka.or.jp/west/index.html
    大阪市此花(このはな)区西九条6-1-20
    TEL 06-6460-7800
    最寄駅:西九条駅(JR 環状線・阪神なんば線)徒歩約3分
【内容】
・シャン非公式難民キャンプとIDPキャンプの食糧支援停止
・メータオ・クリニック支援のお願い
・タイ国境難民キャンプの現状と難民帰還
・国境移民学校の現状
・その他

2017年8月13日日曜日

BRCJ夏の国境訪問からお写真がとどきました。(8)

BRCJ夏の国境訪問の様子です。(8月11、12日)
現在、国境を訪問中の中尾さんからお写真がとどきました。(8月11、12日)

【8月11日 バンコク】
日本ビルマ救援センターの創設者で、元代表のKen Kawasakiさん、
Visakhaさんと13年ぶりに再会しました。
お二人は現在スリランカのキャンディー在住で、
Buddihst Relief Missionの活動をされています。

お互いに会えなかった間のことをたくさんお話ししました。

【8月12日 バンコク】

Kenさんのお誕生日で、ベジタリアンの中華料理をご馳走になり
ワット カリアン(カリアン寺)に連れていっていただきました。

明日はツアー中にいただいた、たくさんの宿題を持って帰国します。
また、初心に戻り、頑張ります!

帰国後に報告会を予定しています。
日時が決定次第ご案内いたしますので、ご参加ください。

2017年8月11日金曜日

BRCJ夏の国境訪問からお写真がとどきました。(7)

BRCJ夏の国境訪問の様子です。(8月10日)
現在、国境を訪問中の中尾さんからお写真がとどきました。(8月10日)

【8月10日 メソット】
国境のお寺、Wat Thai Watthanaran でツアーの無事を祈り
ゴミ山とスカイブルー校に行きました。
ゴミ山では、以前からの知り合いの住人さんと再会でき、近況を伺いました。
現在も約100家族、500人がここに暮らしています。

フェアトレードショップのWEAVEとKWO(カレン女性組織)を訪れ
バザー商品を購入しました。

夕方からはボーダラインカフェで、画家マウンマウンティンさんの展覧会がありました。
会場ではマウンマウンティンさんの友だちがたくさん集まりました。
2018年のカレンダーは子どもたちの笑顔がいっぱいあります。
バザー用に持ち帰りますので、是非手に取ってご覧ください。

メソット最終日、明日はバンコクへ移動します。

帰国後にBRCJ国境訪問報告会を予定しています。
詳細は追ってお知らせいたします。
みなさまのご参加をお待ちしています。

2017年8月10日木曜日

BRCJ夏の国境訪問からお写真がとどきました。(6)

BRCJ夏の国境訪問の様子です。(8月9日)
現在、国境を訪問中の中尾さんからお写真がとどきました。(8月9日)

【8月9日 メソット】
午前中にメータオクリニック学校保健部門の活動に同行させていただきました。
タイの保健省の視察が入る前にメータオクリニックがチェックし、アドバイスをします。
New Blood校とNew Social校での活動を見せていただきました。
10分野について、メータオクリニックの担当者が各担当の先生に確認します。
運営、政策、教育、衛生、環境など。
本番を来週に控えて、熱心に対応されていました。

午後にシャンティー国際ボランティア会(SVA)の事務所を訪れ
菊池礼乃さんから、「ビルマ難民キャンプの現状」についてお話しを伺いました。
近年のビルマ国内の変化、タイ-ビルマ国境難民キャンプの今、シャンティーが支援するコミュニティ図書館事業について詳しく情報を教えてもらいました。
多くのNGOの国境支援が、撤退、縮小される中で日本のNGOとして尽力されているのを、心強く、嬉しく思います。

夕方からはJAMの友子さん、翼さんと戦略会議。
メータオクリニックにとって必要な支援の輪を広げていきます。

帰国後にBRCJ国境訪問報告会を予定しています。
詳細は追ってお知らせいたします。
みなさまのご参加をお待ちしています。

2017年8月9日水曜日

BRCJ夏の国境訪問からお写真がとどきました。(5)

BRCJ夏の国境訪問の様子です。(8月8日)
現在、国境を訪問中の中尾さんからお写真がとどきました。(8月8日)

【8月8日 メータオ】
1988年から29年目の8888の日

タイ-ビルマ国境へ行きました。
タイ側で買い物をしてビルマ側に戻る人びとがたくさん見えました。
モエイ川の中洲には、小屋があり、どちらの国にも属さずに暮らす人びとがいます。
とても貧しい暮らしぶりです。

国境にはタイ最西端の標識があります。
国境マーケットでは、タナカの石鹸と翡翠のリングをバザーのために仕入れました。

昨年5月に移転したメータオクリニックを訪問しました。
マウンマウンティンさん、メータオクリニック支援の会の友子さん、翼さんに案内していただきました。
お忙しい中、シンシア先生にもお会いすることができました。
Burma Children のカンチャナさんにもお会いできました。
モヒンガー(ビルマの魚出汁の麺)をご馳走になりました。

移民学校のCDC(子どもの発達センター)では同行している大学生が同い年の学生の授業にお邪魔して、交流を深めました。

夜はマウンマウンティンさんのお家で夕食をいただきました。
JAMの友子さん、翼さん、SVAのあやのさん、サイさん、惇太くん、ももかさんと楽しい時間を過ごさせていただきました。
今日も充実した一日でした。
帰国後にBRCJ国境訪問報告会を予定しています。
詳細は追ってお知らせいたします。
みなさまのご参加をお待ちしています。