日本ビルマ救援センターとは



日本ビルマ救援センター(BRCJ)は、1988年からビルマ民主化と難民支援を行っている関西のNGOです。
ビルマの人々の平和と将来のために
1988年軍事政権を批判し、民主化を求めて立ち上がったビルマ(ミャンマー)の人びとを待ち受けていたのは市民、学生、僧侶らに数千人の死傷者を出した、軍による冷酷な弾圧でした。
日本ビルマ救援センターは、当時ビルマに滞在し、この惨事を目撃した仏教徒のカワサキ・ケン、ヴィサカ夫妻が取り組んだ病院への募金活動から生まれました。

センターは20年以上に渡り、困難な状況下でも民主化運動を続ける人びと、軍政の残虐な民族迫害政策や対ゲリラ戦によって土地や持ち物を失い、生命の危険に直面している人びと、タイに逃れて苦しい生活を続ける人びとを物心両面で支援しています。
活動は多くのボランティアと寄付によって支えられており、お預かりした寄付金と物品販売での収益を支援に活かすために最大限の努力を続けています。皆さんのご参加をお待ちしています。



難民の女性たちの手による織物の販売をはじめ、難民キャンプへの衣類やメガネの提供などの支援活動、各地のバザーやイベントでの出店、セミナーの開催などを行っています。

【毛布・衣服の提供】
山間部に位置する難民キャンプに毛布や温かい衣服を提供しています。

【織物プロジェクト】
難民女性が伝統的な手法で織った織物をカバンやブラウス、シャツなどに縫製し、製品に仕上げています。
BRCJは製品をバザーで販売しています。

【タイ・ビルマ国境訪問ツアー】
年2回の現地訪問では支援するプロジェクトの見学や各種団体との意見交換を行い、ビルマ問題への理解を深めています。

【国際フェスティバル出店】
関西を中心に国際フェスティバルやイベントに参加し、ビルマの現状を伝えています。

【月例ビルマ問題学習会とセミナー、報告会の開催】
ビルマ問題の専門家を講師として迎え、様々なテーマで学習しています。


今後の予定についてはイベントのお知らせをご覧ください。

日本ビルマ救援センターではさまざまなプログラムに於いて皆さんの支援を募集しています。興味のある方、ボランティアとしてかかわりたい方はセンターまでご連絡ください。

◇■日本ビルマ救援センター(BRCJ)事務局■◇

FAX:050-2008-0125

E-Mail:brcj@syd.odn.ne.jp


◇■ビルマ難民支援金にご協力いただける皆さんへ■◇

1.郵便振替口座 00930-0-146926 口座名 BRC-J

2.りそな銀行 金剛支店 (普通) 6553928 口座名 日本ビルマ救援センター

銀行振り込みの場合は、センターまでお名前とご住所をお知らせください。
brcj@syd.odn.ne.jp
領収書をお送りいたします。